毎月の返済が厳しくなったら

月々の返済金額が厳しくなったら

ネットから簡単に自分の口座に現金を入れることができるとても便利で使い勝手が良いネットキャッシング。とても便利なだけに、きずいたら借入額が予想以上になってしまうことがあります。またリストラや、転職、病気や事故などで、収入がダウンしてしまいへ月々の返済額が厳しくなってしまうと言ったことも起こりえます。

 

こんな時頑張って返済を続けるのは当たり前ですが、しかし無理を続けていたら、いつか返済ができなくなってしまい破綻します。一時しのぎで返済のための新たな借り入れをしてしまい、多重債務者になって破綻することもこれまで多くの事例が存在しています。

 

で返済能力以上には借りにくくなっていまでも、闇金などに手を出せば借りることができてしまい、破綻する人も存在します。
返済が厳しくなってしまったら、まずは月々の返済を減らして、その先も滞りなく返済して行けるように、早めに手を打っていく必要があります。
まずはそのために月々の返済を軽減するための方法を確認したおきましょう。

 

より金利の低いところに借り換える

金利が低くなれば、トータルの返済額が少なくなります。当然月々の返済額が少なくなります。ただし、返済期間にも注意する必要があります。
もしノンバンクで借りているのであれば、銀行のカードローンに借り換えたほうが金利が低いので返済額が減るでしょう。

 

1つにまとめる。

もし複数の貸金業者から借り入れをしているのであれば、残高分を借りて、各社に返してしまい。新たに借りたところだけに返済する、借金一本化、おまとめといった方法が有効です。借入金額が多い方が金利の設定は低くなりますので、1つにまとめることだけでも金利が下がる場合があります。

 

まとめ専用の金融商品「おまとめローン」などもありますが、金利の低い銀行のカードローンにできれば、ノンバンクで複数借りているよりも返済総額を減らせる可能性は高いでしょう。

 

今借りているところに相談する

すでに金利の低いところで借りていて、借換えやおまとめをしても月の返済額を下げられる可能性がないようでしたら、今借りているところに相談して、返済期間を長くして月の返済金額を減らしてもらえないかなど相談してみましょう。

返済のための借り換えはの例外です。

でもうそれ以上借り入れできない場合でも、現在の借金の返済が目的で、返済が楽になる場合は、の貸金業法の総量規制の対象にはなりません。

 

もともと銀行で借りれば対象になりませんし金利が低いので、お勧めは銀行でおまとめローンや借り換えをすることをお勧めしますが、審査に通らない場合もありますので、その場合はノンバンクに相談するといいでしょう。

 

消費者が明らかに有利になる返済のための新たな借り入れは、対象のノンバンクでも、例外となり、借りることができます。

page top